運動量が多いアシュタンガヨガ

ヨガと一口にいってもその種類は何十種類もあります。

 

ヨガが誕生したのは今から約4000年以上も前のことですが、
それからいろいろな形でヨガが改良されていき
現在のようにたくさんの種類のヨガが存在するようになりました。

 

ヨガのクラスを開講しているヨガスタジオもたくさんありますが、
スタジオによって開講しているヨガの種類が異なります。

 

 

 

アシュタンガヨガもヨガスタジオにて開講しているところが多いヨガの種類の一つです。
ヨガの原型を現代風にアレンジしたヨガであり、ヨガにしては運動量が多いのが特徴です。

 

一般的なヨガではポーズを行ってから、休息する、
そして再びポーズをとるといったようにゆっくりとした動きと休息を繰り返すのですが、
アシュタンガヨガではポーズに一連の流れができていて、休む暇なくポーズをとり続けていきます。

 

ポーズの一つ一つ、呼吸、そして順番までがきっちりと決められているため、
それをしっかりとマスターする必要があります。

 

他のヨガと比べて運動量が多いため、
消費カロリーも高くダイエット効果を上げるためには適したヨガの種類です。

 

また体を動かす量が多いため、運動したという爽快感も味わえます。

 

休む間もなくポーズをとるということは、
ヨガ特有の瞑想の時間が持てずリラックス効果がないのでは?と思われるかもしれません。

 

確かに他のヨガでは体を動かさず目を閉じてじっとしている瞑想の時間が設けられますが、
アシュタンガヨガでは呼吸と動作を調和させられるように考案されているため、
動作を行いながら瞑想と同じ効果が得られるのです。

ヨガのベース、ハタヨガ

ヨガが誕生したのは10〜13世紀の間とも言われており、
その原型となったヨガがハタヨガと呼ばれる種類のヨガです。

 

まさにヨガの基礎と言われるヨガであり、その名前にもきちんとした意味があります。
ハタヨガの「ハ」は、太陽、「タ」は月を意味し、
その二つを組み合わせて力強さという意味を持つと解釈されています。

 

ハタヨガではポーズと呼吸法で、
太陽と月のエネルギーのバランスをコントロール、調和するのが目的です。

 

ハタヨガをベースに作られたヨガもたくさんあり、
アシュタンガヨガ、アイアンガーヨガ、ホットヨガといったヨガスタジオでも人気のヨガの種類も
このハタヨガがベースになっているのです。

 

ハタヨガはヨガの基本を学ぶのにも適しています。
いろいろな種類のヨガを経験してみるのもいいのですが、
ヨガの基礎がしっかりと身についていると、いろいろなヨガを試してもマスターするのが早いのです。

 

ヨガスタジオでもハタヨガクラスを開講しているところが多いですし、関連するDVDもたくさん出ています。

 

運動量も適度であり、しかも動きもそれほど激しくはないので、
ヨガ初心者、幅広い年代の方にも受け入れやすいヨガです。
ハタヨガに興味、関心を持った方はまずは体験クラスに参加してみると、どういったものかがよくわかると思います。
 

 

ハタヨガは集中力をアップする効果にも優れています。
動きもゆっくりとしており、呼吸法とポーズのおかげで集中力を高められます。
また瞑想の時間もあるので自分自身の内面を見つめる機会も持てるのです。